生活

知らなきゃ損!万能すぎる「ハッカ油スプレー」の作り方と効果まとめ

投稿日:2017-04-09 更新日:

ハッカ油

こんにちわ、ウィングです。

暖かくなると、虫の動きが活発になり、困ることが多くなってきますよね。

「虫除け、ゴキブリ対策、コバエ対策…いろいろ大変!!

そんな風に思っているあなた、ハッカ油スプレーを試してみませんか?

ハッカ油には虫除け、抗菌、殺菌、制汗など、他にも様々な効果があることが知られています。
そのため、ハッカ油スプレーがあれば、大体の虫対策には対応することができるんです。

しかも、ハッカ油は天然成分100%でできているので、赤ちゃんやペットがいる部屋、寝室などでも安心して使用できます。

ウィング
ハッカ油スプレーが一本あればいろんな用途に使えるからとっても便利だよ。
そんな万能すぎるハッカ油スプレーの作り方と、効果についてまとめてみました!

スポンサーリンク

1.手作りハッカ油スプレーの作り方

用意するもの

用意する材料

  1. ハッカ油(500円程度)
  2. 容器(100円程度 )
  3. 無水エタノール(900円程度 )
  4. 精製水(100円程度 )

全部で1500円ちょっとで用意できます。
少し高く感じるかもしれませんが、何個も作れますし、いろいろな場面で利用できることを考えるとコストパフォーマンスはとても優れています。

道具はすべてお近くの薬局で手にはいります

精製水が無ければ水道水でもOKです。
精製水を使う理由は、水道水に比べて不純物がすくなく、保存に適しているからです。

無水エタノールは、ハッカ油と水が混ざりやすくするために必要です。最悪なくても作れますが、水とハッカ油が混ざりにくくなりムラができるため、効果が薄まってしまうのであった方がいいです。

ハッカ油虫除けスプレーの作り方

ハッカ油の分量を変えるだけで、様々な用途に使用できるハッカ油スプレー。

まずはハッカ油を使った「虫除けスプレー」の作り方を紹介します。

100mlの目安分量(虫除け用)

  • ハッカ油(40滴)
  • 無水エタノール(10ml)
  • 精製水(90ml)

容器に入れていく順番は「ハッカ油 → 無水エタノール → 精製水 」です。
ハッカ油と無水エタノールを先に混ぜることで、水に溶けやすくなります。

作り方はとても簡単で、2~3分で作れます!

それでは、さっそく作っていきましょう!

容器を用意

今回は50mlの容器を用意しました。

50mlなので、100mlの目安分量を、全て半分にして調合していきます。

※ポリエチレン製の容器は溶けてしまうので使用できません。
使用する前に容器の材料をチェックしましょう。

ハッカ油を入れる

ハッカ油(20滴)を、容器にいれます。

使用しているハッカ油は傾けると1滴ずつ出てくるタイプなので、直接投入。

無水エタノールを入れる

つぎに、無水エタノール5mlを入れます。

無水エタノールは分量を調節できない容器に入っているので、スポイトがあると入れるのに便利です。

精製水を入れる

続いて、精製水を容器いっぱいまで入れます。

ここは水道水でもOKです。ただし、水道水は精製水に比べて不純物が多く保管に適さないため、一週間以内には使い切るようにしましょう。

振る

フタをして、よく振ります!

ハッカ油の完成

はい、完成です!

とっても簡単ですね。

肌にプッシュ

肌にかければ虫除けになります

網戸や部屋の中でプッシュしても虫除けの効果があります。

ハッカ油は天然成分100%でできているので、肌に優しく、部屋の中や寝室でも安心して使うことができます。

ハッカ油でいろいろなスプレーを作ってみる

ハッカ油の分量を変えるだけで、いろいろな用途に合わせたスプレーを作ることができます。

作り方は一緒なので、ここでは分量だけご紹介します。

制汗スプレー

100mlの目安分量(制汗スプレー)

  • ハッカ油(5滴)
  • 無水エタノール(10ml)
  • 精製水(90ml)

お風呂あがりや暑いときに、肌にかけるとスっとして気持ちよくなります。

消臭・殺菌・抗菌スプレー

100mlの目安分量(消臭・抗菌スプレー)

  • ハッカ油(10滴)
  • 無水エタノール(10ml)
  • 精製水(90ml)

キッチン、玄関、衣類、布団など、匂いの気になるところにふりかけると清涼感が広がって消臭・抗菌してくれます。

ウィング
正直私の場合は、虫除けスプレー用を一個作ったら、それ一本で色んなところに使いまわしてるけどね。笑

スポンサーリンク

2.ハッカ油の効果と利用方法

ハッカ油スプレーの効果

  • 虫除け(蚊・ゴキブリ・コバエ・ダニ・ハエ)
  • 消臭・殺菌・抗菌作用
  • 制汗作用
  • 鼻詰まり解消
  • 眠気覚まし

使える場面は様々です。
一本作ればいろいろなシーンで活用できるので、費用対効果は抜群です。

虫除け(蚊・ゴキブリ・コバエ・ダニ・ハエ)

使用場所

  • 網戸
  • 生ゴミ

虫(蚊・ゴキブリ・コバエ・ダニ・ハエなど)は、ハッカ油の匂いを嫌います。

肌にスプレーすれば虫刺され対策になりますし、網戸などふりかけておけばゴキブリや蚊の侵入を防ぐこともできます。

ただし、市販の虫除けと違って、効果が何日も持続するものではありません。

匂いが消えれば効果も薄まるので、私は一日に何回か、気になったところにスプレーしています。

ウィング
去年の夏は網戸にハッカ油スプレーしていたから、蚊の侵入が極端にすくなくなったよ。

消臭・殺菌・抗菌

使用場所

  • キッチン
  • 玄関
  • 布団

ハッカ油には消臭・殺菌・抗菌効果もあります。

臭いが気になるキッチンや玄関などにスプレーしておくと、清涼感あふれるハッカの香りがひろがります。

また、抗菌もしてくれるので菌やダニなどの増殖も抑えてくれます。

ウィング
布団や枕などの寝具にも安心してスプレーできるのはありがたい。

制汗作用

ハッカ油には、肌にかけると、涼しく感じさせてくれる効果があります。

お風呂あがりや暑いときなど、肌にふりかけるとスースーして気持ちいいです。

ウィング
涼しくなって虫刺され予防にもなるってまさに一石二鳥だよね。

鼻づまり解消

ハッカ油にはスーッとする成分が含まれています。

ハンカチやマスクに、ハッカ油スプレーを1~2プッシュして鼻にあてれば、ハッカの成分で鼻の通りが驚くほどよくなります。

また、ハッカ油をお湯に溶かして、湯気を吸い込むのも良いそうです。

ウィング
鼻が詰まって寝苦しい夜は、枕元にハッカ油を2~3プッシュしてると楽になるよ。

眠気覚まし

ハッカ油スプレーを顔の前で1~2プッシュすると、ヒンヤリ感とミントの爽やかな香りで眠気もとれてスッキリします。

ウィング
運転中や作業中など、眠気を抑えたいときに重宝。

3.ハッカ油スプレーの保存について

ハッカ油スプレーの保存について
使用期限は一週間から10日間です。
高温・多湿な場所を避けて保存してください。

ハッカの匂いが消えると効果がなくなると言われています。

私の場合、50mlを毎日使って大体一週間前後で使い切るので、とくに使用期限は気にしていません。

精製水ではなく、水道水で作っている方は5~6日ぐらいで使い切ったほうがいいかもしれませんね。

ウィング
作ってから一ヶ月以上放置していたものを使ったことがあるけど、匂いも消えていなかったし、腐った様子もなく、問題なく使用できたけど…真似しないでね。苦笑

4.ハッカ油スプレーを使用する際の注意点

注意点
ハッカ油スプレーは赤ちゃんやペットがいる部屋でも使用できますが、直接赤ちゃんやペットにかけるのは刺激が強いので注意して下さい。

また、妊婦の方の使用も控えた方がいいと言われています。

ですが、あるブログの記事をみるとそうでもないようです。
参考妊婦がハッカ油を使っていいのか聞いてみた。

天然成分とはいえ全くの無害というわけではありませんので、自己責任でお願いします。
参考日本薬局方 ハッカ油(ハッカ油の成分についてなど)

5.最後に

いかがだったでしょうか?

ハッカ油スプレーを一本作れば、簡単に持ち歩きできて、色んなところで活用できます。

私は去年からハッカ油スプレーを使い始めましたが、毎年酷かった虫さされや、コバエの発生を、ずいぶん抑えることができました。

コスパも優れていて、部屋の中でも安心して使えるので、おすすめです!




すでに作られているタイプのハッカ油スプレーも売っているみたいでが、自分で作った方がコスパはいいです。

-生活
-

Copyright© ワンルーム・ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.